食材宅配のこと

無農薬・減農薬・有機野菜の違い

投稿日:

無農薬・減農薬野菜とは

かつてはよく野菜売り場などで見かけた無農薬野菜、減農薬野菜という表示。現在のガイドラインではこれらの表示は認められていないものの、法的な義務はありませんので今でもこれらの表示がなされているケースがあります。ですが、無農薬とされていても、実際には土壌に残留していた農薬や飛散した農薬については基準化されることは無かったため、必ずしも完全な無農薬野菜であるかというのは確認できなかったのが実情です。そこで平成19年以降は特別栽培農産物という表記が使われております。その名の通り特別な栽培で生産されたものとなるわけですが、こちらには基準がありますので紹介しましょう。1つは節減対象農薬の使用回数が50%以下のものであること。そして化学肥料の窒素成分量が50%以下であることで、未加工の野菜や果物に加えて乾燥調整した穀類や豆類、お茶も該当となります。したがって、特別栽培農産物という表記を見た際には無農薬もしくは減農薬の野菜であるということがわかるのです。

有機野菜とは

では次に有機野菜とはどのような意味なのでしょうか?こちらは有機JAS規格によって付けられているマークで判断することが出来ます。一般的には有機栽培の野菜は農薬を使っていないというイメージもありますが、本当は化学合成された農薬の使用をしていないという意味です。したがって、天然由来の農薬は使用しても可能なのが有機野菜です。また、収穫の3年以上前から堆肥などを使って土作りを行った畑であるという基準のもと、有機JASマークが付けられております。

安全な野菜選びで大切なこととは?

無農薬や減農薬、そして有機栽培とそれぞれ違いがあることがわかりましたが、では野菜を選ぶときにどれを基準にすれば良いのでしょうか?最も重要なのは生産者や購入先をしっかり吟味するということです。特に無農薬という場合は生産者がどこまで厳しく管理しているかという信頼度が全てとなってしまいます。ですので、あなたにとって信頼できる生産者や産地を見つけることが最も重要なのです。例えば食材宅配業者を選ぶ場合、業者ごとに明確な検査基準を設けているところもあり、中には放射線物質検査も厳格に行っているケースがあります。さらにとある業者では生産者のプロフィールや写真などを掲載し、まさに生産者の顔が見える状況を作っているという業者もあるのです。最後に有機野菜に特化している食材宅配業者、特別栽培農産物に特化している食材宅配業者がありますが、安全面についてはどちらも問題ありません。これらだけでの判断をするよりも他のサービス面であなたに合った業者選びをするのをオススメします。

-食材宅配のこと

Copyright© 食材宅配サービス調査隊 , 2018 All Rights Reserved.