特集

アレルギー表示をしている食材宅配一覧

投稿日:2018年4月20日 更新日:

アレルギーがある方にとって、アレルギーの原因になる食材が本当に使われていないかどうかというのは大きな問題。命にだって関わる重要なことですよね。アレルギー品目の表示をしっかりしている食材宅配サービスを利用すれば、安心して食べることができるようになります。また、「スーパーの食材は不安」という理由で、アレルギー品目をしっかり表示されているから食材宅配サービスを利用する人も増えてきています。

管理人
アレルギーと食材は切っても切れない関係。アレルギー対応に力を入れている食材宅配を上手に利用して、おいしく安全なご飯を食べましょう~!

知っておきたい!アレルギー品目と表示義務のこと

アレルギー品目の表示義務について

現在アレルギー品目の表示や対策なにど力を入れている食材宅配サービスが増えてきています。そういった中で、アレルゲンがある人をアレルギー品目から守るために表示義務などがあります。また義務まではいかないが推奨される品目もあります。これらは市販の商品でも同様で日本では消費者に適切な情報を伝えるように症状の発生が多いものや症状が重いものについては食品衛生法で表示が義務付けられています。

表示義務のある商品

たまご・乳・落花生・そば・小麦・えび・かに(7品目)

表示を推奨されているアレルギー品目

あわび・いか・いくら・さけ・さば・牛肉・鶏肉・豚肉・大豆・ごま・まつたけ・やまいも・オレンジ・キウイフルーツ・もも・りんご・くるみ・ゼラチン・バナナ・ピーナッツ(20品目)

食材宅配なら安全なの?

このような推奨されている品目も食材宅配サービスを利用してもらうからこそ、安心安全をしっかり持ってもらいたいので、しっかり表示する夕食宅配サービスが増えてきています。強いアレルギーも持っていたり、子供のアレルギー、またお年寄りのアレルギーにはより気を使う人も増えてきているので、細かいアレルギーまで表示してくれるのは、より信頼して食材宅配サービスを利用できることにもなります。このような中、いまだに推奨されている20品目は市販の商品に表示がされていないのも現状であります。

このような事から、まだアレルギー表示を中心にしっかりやってくれている食材宅配サービスが増えています。市販でアレルギーが入ってるか
わからないものを買うよりかは食材宅配サービスが安全になってきています。まだアレルギー表示に追いついてサービスもありますが、現在ほとんどの食材宅配サービスで行われているので安心安全でしっかり目で見てわかるので安心して利用できるようになっています。このようにしっかり表示してくれる事で重い症状を持つ方や子供を持つ親、またお年寄りを持つ家庭での料理に対する悩みが無くなるようになりますので夕食材宅配サービスは利用しやすいです。

アレルギー表示をしている食材宅配一覧

近頃、食材宅配サービスではアレルギーを持つ人でもおいしい食事ができるようにと、商品の開発や対策、アレルギー品目の表示をしっかりと行うところが増えてきています。

…といっても、まだまだ足りないのが現状。
食材宅配サービスによってアレルギー表示や対策、品数などが違うので、わかりやすいように表にまとめました!

各食材宅配のアレルギー対応まとめ

オイシックス 「7大アレルゲン」を表示しています。
コープデリ・おうちコープ 「7大アレルゲン」を表示しています。アレルゲンの登録をすると、アレルゲンが含まれる食材の背景が赤く表示されます。
わんまいる なし(原材料名記載)
パルシステム 「7大アレルゲン+大豆」に加え、「ぷれーんページ」というアレルギーに配慮したカタログ(低アレルゲン商品)があります。更に「アレルゲンお知らせ機能」を利用すれば、アレルゲンを含む食材を買い物かごに入れてしまった時にお知らせしてくれます。
ヨシケイ 7大アレルゲン
らでぃっしゅぼーや 「7大アレルゲン」の表示を実施。また、「アトピーエイド」というアレルギーに配慮した食材も取り扱っており、「米」「じゃがいも」「麦類」などの表示もあります。(計30品目の表示)
大地を守る会(大地宅配) 「7大アレルゲン」と「推奨されている20品目」の表示を実施。「アレルゲンアラート」という機能を設定しておくと、商品にアレルゲンが商品に含まれている際にお知らせしてくれます。
生活クラブ 「7大アレルゲン」と「推奨されている20品目」に加え魚介類を表示。

-特集

Copyright© 食材宅配サービス調査隊 , 2018 All Rights Reserved.